精神科医Dr.Chikaの音楽と認知症

楽曲制作と認知症音楽療法に取り組んでおります。文章を書くのはあまり得意な方ではないため、読みづらい箇所もあるかと存じますが、ご容赦いただければ幸いです。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます🎍🐄

今年も皆様にとって健康で楽しい一年になるようお祈りいたします。

 

私は今年も引き続き、新型コロナ対策、認知症音楽療法、楽曲制作に最善を尽くしたい所存です。 

勤務先の認知症老健では、今月から、ご利用者様向けのPCR検査を定期的に開始する予定となっております。

皆様も、感染はもとより、コロナ疲れや環境変化によるストレスなど、くれぐれもご自愛ください。

西暦2021年=令和3年、平成33年、昭和96年、大正110年、明治154年

老健で働いていると、ご利用者様の生年月日から、年齢の換算が必要な場面がよくあります。

生年月日は和暦で書かれていることが多く、少々混乱するため

令和3年、だけでなく、昭和96年、大正110年も覚えておくと、換算がスムーズだったりします。

年末年始の認知症専門床の様子

認知症専門床の壁には、遠くからでも、よく見えるような大きな文字で、今日の日付を掲示してあります。

認知症の方々と過ごす上で、今日の日付を確認したり、季節感を感じる行事をすることは重要です。

感染リスクの少ない、新年の行事として、施設内での「初詣」を予定しています。

もちろん、本物の神社に行く訳ではなく、作業療法士さんたちが切り紙などで作成した「手作りの神社」まで、数人ずつ、お参りに行って、お願い事をしたり、絵馬を書いたりします⛩ 

みなさん、とても楽しみにされています。

利用者さんたちが、どんなお願い事をするのか、私も楽しみです。